スポンサーリンク

 

厳冬期の西穂高岳へ 1


どうも、ご無沙汰しております。


最近は、Instagramへの投稿が多くて、なかなかブログの方は疎遠気味・・・


別にブログ止めたわけではないのですが、もし、お暇ならインスタの方も覗いて見てください(*^▽^*)




さて、ダイエットを兼ねて登山をはじめたのが2012年。


かれこれ6年になるんですね~

 
はじめは近所の低山を歩く程度でしたが、いつの間にやら登山道具が増えて、無雪期の北アルプス南アルプスの3000Mを越す峰々も踏破するまでになりました。

 
そして、心はいつか厳冬期の冬山へ・・・


世の中登山ブームで山に登る人が多くなりましたが、冬山、特に厳冬期の2000M超えの山は、かなりハードル高いし、装備も夏山とはまったく違います。

 
はっきり言って、命に関わりますので、専用の、本物の道具が必要です。それらはコストかかってますから、よいお値段します(^_^;

 
なかなか一気に揃えられるモノではないので、去年から、冬季用の靴やアイゼン、ピッケルにウェアなどをコツコツ揃えはじめた冬山装備。いよいよ出番の時が来ました!

 

例の師匠から「西穂行く?」って連絡があって、

 

「もちろん!」と二つ返事。

 

西穂とは、「西穂高岳」のことで、新穂高温泉からロープウェイで2000Mまで一気に行くことができて、さらにロープウェイの山頂駅から1時間半ぐらいにある「西穂山荘」は北アルプスで唯一通年営業しているため、厳冬期の冬山の登竜門的存在です。


厳冬期の冬山で2000M超えで登れる山は、登山口までのアプローチの問題で選択肢は限られます。


例えば南アルプスは夏は通行できる林道が冬季閉鎖になったり、バス便がなかったりと、気軽にアクセスできません。


岐阜から行けるのは、今回行った西穂か八ヶ岳中央アルプス木曽駒ヶ岳あたりになります。


今回の行程は、1月27日(土)~28日(日)の2日間で、初日は西穂山荘で一泊して、翌日西穂高の丸山まで行き、その後は天候等を見ながら独標まで歩くプランです。


当日、朝6時に家を出て、10時過ぎには新穂高の登山センターに登山届を出して、ロープウェイに乗り込みます。


イメージ 1


ロープウェイには登山客はほとんどいなくて、9割方外国の方です。高山方面人気ですからね~ それにたぶんロープウェイはツアーに組み込まれているんでしょう。今日は眺望絶望的だよ。


しかし、カジュアルな外国人観光客に混じって、本気の装備の自分たちだけ浮いてるわ(;´Д`)


イメージ 2


これから登る山々が見え隠れして、気が引き締まる。


ところで、冬山であっても、人気の北アルプスの西穂高で土日ですから、そこそこ登山客がいるんだろうなぁ~ って思ってたんだけど、麓の駐車場はガラガラだし、ロープウェイにも登山客が見当たらない・・・


確かにここ数日は天候が悪く、積雪も増えている。前の日までロープウェイも悪天候で運休していたらし。

ロープウェイの終点から登山口から登りはじめたら、踏み跡も少なく、つぼ足だとズボズボハマって全然前に進めない。。。 今日も天候はイマイチの予報。


まあ、こんな日に好き好んで登る人は少ないだろうな。自分的には人が少なく嬉しいんだけど、ちょっとキツい登山になりそう・・・


しばらく進んで、もうつぼ足はダメだとワカンを装着。


イメージ 3


段違いで歩きやすい (*⌒▽⌒*)!


イメージ 4


相変わらず、師匠は後ろも振り向かず、ズンズン一人で行っちゃうんだよね。


西穂山荘までは樹林帯をひたすら登る。 冬道は基本直登なんで、勾配きついんだよね~ それに靴も重いし、ワカン付けたり、一部はラッセルもあったんで、かなり体力使う。


イメージ 5


それでも静かな雪降る森の中を無心で歩く、その行為そのものが心地よい。


2時間ほどかけて、ようやく山小屋にたどり着く。


イメージ 6


半分埋まってる・・・・


イメージ 7


イメージ 8

にしほくんがお出迎え。


とりあえず、今日は山小屋でゆっくりします。


(続く)





スポンサーリンク