スポンサーリンク

 

ふるさと納税でモンベル

ふるさと納税の返礼品が過熱気味で、

総務省から、「返礼品は納税額の3割まで」みたいな通知が出て、


さらに商品券や電化製品なども自粛するよう求めている。

まったく・・・

ふるさと納税は、自主財源の乏しい地方の自治体にとって、知恵を絞って自主財源を確保するいい制度だと思うし、返礼品を地元で調達することで、地域経済にも恩恵をもたらすと思うんだけど。

何より、なんの節税の出来ない会社勤めのサラリーマンにとっては、ただむしり取られるだけの税金より、お米やお肉やお魚もらえるんで、


何百倍もマシである。


どうも、都市部の自治体が自分のところに入る税金が入らなくなって、文句を言ったみたい。

本来、ふるさと納税は、都市部に偏りすぎの市町村税を地方に回す仕組みじゃない。だから制度の趣旨からすればいいことなんじゃない?

通知自体には強制力は無いんだけど、従わない市町村には個別に対応していくって、ほぼ強制じゃないの。

で、そんなニュースが流れて、前々から気になっていたこれ


長野県の小谷村には、ふるさと納税すると、アウトドアする人なら、誰もが知っているモンベルのバウチャー券が寄付額の半分のポイントでもらえて、さらに、モンベル会員の年会費1500円もついてくる。還元率は50%以上。


う~ん、これは確実に総務省に狙われる・・・(-_-;)


で、どうせ、払わなければならない税金だし、前払いしたと思えばいいか!


と、打ち切られる前に思い切って10万円納税(寄付)しちゃいました!


で、届いたバウチャー券 50000ポイント!


イメージ 1



ゴールデンウィークに、娘と大日ヶ岳へ登山に行くので、娘のトレッキングシューズとソックス、帽子をポイントで購入。


イメージ 2


何だか得した気分 ♪

でも、税金控除されるの来年度なんだよなぁ~

バイクも買っちゃったし、資金繰りヤバい (;´Д`)

スポンサーリンク