スポンサーリンク

 

上高地へスノーシュートレッキング(2年ぶり2回目)


このところ、なんとなく外に出かけるのが億劫で、

休日は家でゴロゴロしていることが多い。

これじゃいかんと思いつつ、近所の山を走る程度。

年度末で仕事が立て込んでいるのもあるけど、せっかく冬の装備も揃えたので、

山友だちを誘って、

3月19日、連休の中日に、上高地スノーシュートレッキングのツアーに参加してまいりました。

上高地スノーシューに行くのは2回目。

前回は、天気がよくて穂高のスケールの大きな景色を拝むことができましたが、

今回、当日はあいにくの曇り空。

冬は車両通行止めの上高地。ただ、歩いて入ることはできます。だたし、急勾配の釜トンネルを歩いて越えるしかありません。

イメージ 1

なんと、釜トンネルの先に、新しいトンネルができていました。正式な開通は4月らしいです。

これをくぐると・・・

イメージ 2

おお~ これだよね!

大正池と焼岳

イメージ 3

有名な大正池の立ち枯れの木は、年々少なくなっていります。

もう無くなるのも時間の問題らしいです。

イメージ 9

梓川沿いの散策路を行くのですが、スノーシューは雪があればどこでも歩けるので、川岸まで行けちゃいます。

イメージ 4

田代池

う~ん、まるで水墨画のような景色です。

夏の喧噪的な上高地とは違い、静かな上高地の雪景色のなかをスノーシューで歩いていると、

本当に清々しい気持ちになります。

イメージ 5

これは、アカゲラ(キツツキ)が立ち枯れた木の中にいる虫をついばんだ後。

イメージ 6

河童橋まで来ました。

本当は、ここで「どかーん」と穂高の山並みが迫ってくるんだけど・・・

自然は、人間の都合に合わせてはくれませんからね。吹雪かれなかっただけ、よしとしましょう。

3月といえども、標高1500Mの上高地はまだまだ冬。

それでも、当日はやや気温高めの±0度ぐらいかな。

午後からは、雪もちらついてきましたが、およそ6時間の雪のハイク。。。

上高地は日本の宝だな~ としみじみ思います。



帰りは、平湯で温泉に浸かり、夕食は高山市で取ることに。

じゃーん!

イメージ 7

飛騨高山と言えば、飛騨牛

やっぱり、ステーキでしょう!

どどーんと300グラムいっちゃいました!

イメージ 8

と言いつつ・・・

これ、オーストラリア牛 (^_^;

だって、飛騨牛高いし、脂身が多いので、こんなには食べられません。

お腹空いていたので、質より量 (^^)v

ただ、ステーキ専門店だったので、これはこれでおいしかったですよ。


スノーシュー楽しいな。今回はツアーでスノーシューはレンタルできましたが、

来シーズンは買っちゃおうかな (*^o^*)








スポンサーリンク