スポンサーリンク

 

dマガジン、恐るべしサービス

暑いです。

せっかくのお休みなんだけど、

お山なんて登ってたら、確実に倒れます(-。-;

で、

冷房の効いた部屋でオリンピックと高校野球三昧σ(^_^;)



話は変わりますが、みなさん、最近雑誌買って読みます?

ちょっと前に、雑誌の売り上げが書籍を下回ったというニュースが流れましたが、

もう、ホントに雑誌が売れてないみたい。

インターネットでこれだけ情報があふれていれば、

なかなか雑誌買って読むまではいかないですよね。

昔はバイク雑誌の発売日を心待ちにしてたり、

少し前まで、寝る前に「山と渓谷」を読みふけったりしてましたけど(その前はカスピー笑)

いまや、枕元にタブレット置いて、登山記録なんかをネットサーフィンしたり、動画見たり。

完全にその地位は、ネットに奪われています。



が、


です。

dマガジンって、知ってます?

ドコモのサービスで、月額432円で160誌以上の雑誌がスマホタブレットで読み放題のサービスです。

ちょっと前にこのdマガジンの登録をしたんだけど、

これが、凄いんだわΣ(゚д゚lll)

例えば「山と渓谷」は、本屋で買うと1200円するんだけど、

dマガジンのサービスで読めちゃうわけです。それも、バックナンバーまで!

もうそれだけで、十分元取れちゃう^_^;)

出張の時によくダイヤモンドとかプレジデントなんかのビジネス雑誌を買い込んで、新幹線の中で読んでいたのも、

dマガジンで事前にタブレットにダウンロードしておけば、

オフラインでも読めちゃうわけです。

もう、読み放題だから、興味ある記事を斜め読みしたり、今まで手に取らなかった雑誌までそれこそ書店で立ち読みする感覚で、ページをめくるようになりました。

雑誌の記事ってね、編集者が知恵を絞って企画して、それを記事にするために、ライターやカメラマン、デザイナーにイラストレーターなど、多くの人の手を借りて、素材を集め、

原稿を推敲し、誌面構成を考え、フォントの大きさや種類なんかを決めてレイアウトし、校正して、多くの手間と時間とお金をかけて作り込んでいるんで、

誌面を眺めているだけでも楽しいし、読んでいて安心感があるだよね。

その一方で、もうネットが当たり前の中で、紙媒体としての雑誌って、それを買って読む時間にしてもコストにしても、物理的な(持ち運んだり、保管したり)側面にしても、購買するインセンティブは低くならざるを得ない。

ただ、コンテンツとしてのクオリティは、ネットニュースとかメルマガ、ブログなどの比ではないと思っている。

しかし、この値段で配信されちゃったら、いくら印刷代や流通、在庫管理のコストがかからないとしても、

出版社はやっていけるのかな? 

雑誌や書籍は再販制度に守られているし、今は、紙媒体を補完する感じで、少しでも売り上げの足しになれば的に配信しているとは思うけど、

このクオリティを保って、この過渡期を越えてネット配信とかに移行できるのだろうか。





世の中が、ものすごいスピードで進化しているし、変化している。

この先10年で、どんな社会になっちゃうのかホントに想像もつきませんわ。

オレ、乗り切れるかなぁ~ (-_-;)







スポンサーリンク