スポンサーリンク

 

トレラン大会初挑戦だよ!


なんだか、ものすごく暑くなってきて、


ちょっと動いただけでも、汗だくになる今日この頃・・・


好きこのんで、こんな日に


走って来ましたよ!


それも、山の中を (^_^;


最近、登山だけでは飽き足らず、トレランにはまってきたと以前に書きましたが、


朝練登山のお友だちも、一緒にはまりだして、


最近は「朝練登山」から「朝練トレラン」になってきまして、通常のコースを歩くと、大体2.5キロで50分ぐらいなんですが、走ると30分ぐらいなんですよ。


で、


時間余っちゃうんでコースも延ばして、4キロぐらいのコースを50分ぐらいで走るようになりました。時間があるときは6キロコースもいっちゃいます!


するとね。だんだん自分の実力を試してみたくなるじゃないの。


で、近場で、ちょうど初心者向けのトレラン大会を発見!


朝トレ友達も「出たい!」って即答で、ふたりで申し込みして、


日曜日に出場してきました!


今回のレースは、「第1回奥比叡・仰木棚田トレイルラン大会」といって、滋賀県大津市にある比叡山の麓のトレイルで行われる大会です。まあ、トレイルといっても、ほとんどが林道なんですけど。


ハーフコース(21Km)と12Kmコースがあって、


最初なんで12Kmコースでエントリー。2時間ぐらいで走れるといいねって感じ。


で、当日は、「オレ、晴れ男なんで大丈夫!」なんて、調子をこいていたら、


ちょっと晴れ過ぎちゃって、猛暑じゃない・・・


大会の開会式では、とにかく熱中症に注意してくださいと、さんざん言っておりましたが、その開会式で立っているだけで、ふらふらしてくる (;´Д`)


イメージ 1


なんだか、みんな速そうに見える・・・


でも、初舞台でテンションも上がってきて、スタート前はドキドキワクワク。


イメージ 2



スタートは、50人ずつを数回に分けてスタートする「ウェーブスタート」。


イメージ 3



あたしの組のスタートになって、


一番前に並びスタートの号砲とともに、飛び出しに成功!


いい感じで走り始めましたが、とにかくひたすら斜度のある林道を登ります。


コース図見たときは、


「なんか楽勝な感じ。ハーフ出てもよかったんじゃない!」


なんて言っていましたが・・・


単調な林道の登りは


イメージ 4



何気にキツイ(><)


みんな歩いちゃってるし


トレイルだと、アップダウンの変化があったり、


道も狭いのでスピード感があって楽しいのですが、


もう、暑さと、どこまで続くんだろうって、林道の登りとで、


もう止まりたいって心が折れそうになりながらも、


なんとか5.5Kmを登り切って、第1エイドに到着。


ここで、「Shotz」ってパワージェル一本入れる。


イメージ 5



トレランやトライアスロンやる人は、結構使ってるみたい。

すぐに体内でエネルギーに変わるので、ハンガーノックを防いで、

何となくドーピング的な元気が出るらしい(笑)

で、

さあ走るぞって、


ドロドロしてめちゃめちゃ甘いし。
このジェル・・・


お水で流し込まないとこれは無理ね。


ここまで来ると、標高も高くなって、こんな絶景も拝めます。


イメージ 6

琵琶湖~~!


でも、レースなんで結構みんなマジで、


景色を堪能する余裕もなく、写真だけ撮ってすぐに走り出します。


で、ハーフコースは、ここからトレイルに入っていくんだけど、


12Kmコースは、今度はひたすら林道を下る!


下りはスピード出るんで、これが足にくるんだわ。


特に舗装路だど、衝撃ハンパない。


レースが行われたこの地区は、棚田で有名みたいで、林道を下りきると、棚田の中を走るのですが、直射日光でもう融けそう。足の裏も熱くて熱くてちょっと泣きそうになって、その風景を楽しむ余裕ないし・・・


イメージ 7


もう、早く終わりたい一心で、なんとか走りきってゴール!


タイムは、目標の2時間を大幅に切って、1時間37分。


順位的には、真ん中よりちょっと後ろぐらいだったけど、


いや~ がんばったな~ オレ!
(*^-^*)>"


お友だちは、登りはちょっと弱いんで、だいぶ遅れていたみたいなんだけど、下りがめっぽう強い。


下りでスゴイ速さであたしを抜き去って、2分ぐらい差をつけられました。ちょっと悔しいけど、まあ、彼ギリギリ30代だし。自分は写真撮ったり、エイドで野菜や果物食べて、ちょっとまったりしてたと、言い訳してみる・・・


それでも全力でこんな長い距離走ったのは、高校の長距離走以来じゃないかな? 思ったより走れたけど、やっぱりレース。


相当無理した感じで身体ガタガタですわ (+ロ+)


レースを終えて思うのは、トレランする人の多くは、マラソンから入っている人が多くて、結構競技志向が強く、黙々と走るランナーが多い感じ。


自分のように、登山から入っている人は、自分のペースで歩いたり、走ったり、景色のいいところで止まったりして、山を楽しみたいっていう気持ちがあるので、トレラン自体は楽しいけど、レースは楽しみ方としてちょっと違うかなって感じです。


走りながら水飲むのって、
結構ムズいし!


たぶん、ランナーは走るのが好きで、ハイカーは山が好きなんでしょうね。レースはあくまでもレースで、ストイックにタイムを出すことが目的なんですね。


自分は、山の楽しみ方として、トレランがあって、レースでタイムを出すことが目的じゃないって、よくわかりました。









でも、次はトレイル走る20Kmぐらいのレースだったら出てもいいかな(笑)

スポンサーリンク