スポンサーリンク

 

MTBで林道ツーと銚子が峰登山 その1


最近、朝練登山を朝練トレランにして、


非常にカラダが動くようになって、


カラダが動けば、楽しくなって、


さらにカラダを動かしたくなる。


好循環のBullさんでございます。


健康診断の結果も上々で、医者から褒められました(*^o^*)


で、


今回は、新たな試みを企む (*´艸`)ぅふッッ。


過去に何回か登ったことある奥美濃の銚子が峰。


デリカにTREKを積み込み


イメージ 1


登山口までの林道をMTBでアプローチしようという試みでございます。


銚子が峰は、霊峰白山につながる禅定道の途中にあります。


その起点となるのが、白鳥町の奥にある、石徹白(いとしろ)の白山中居神社。


イメージ 2


ここから、登山口までのアプローチの林道をMTBで走り、


そこから、銚子が峰、時間と体力によっては、その先の峰までをトレランするという、


なんとも、プチ・アドベンチャーなプランでございます。


5年前なら、絶対そんな無謀なことは考えなかったと思う。


人間、変われば変わるもんですな~(笑)


イメージ 3


さあ、準備を整え


出発ざんす!


イメージ 4


行きはずっと6㎞の登り・・・


イメージ 5


ε- (^、^; ハァ~~


結構しんどい・・・


イメージ 6


Σ(゚ロ゚ノ)ノ


こんな落石が直撃したら、終わりじゃん・・・


そんなこんなで、約40分で登山口に到着。


イメージ 7


登山口の東屋にMTBをデポして、


トレラン開始!


イメージ 8


途中、25名ぐらいのグループを追い抜く時に、


「特急さん、いきま~す」って(笑)


トレランの人は、登山の人から


「特急」

とか

「新幹線」


とか言われているみたい。


トレラン初心者のあたしは、


「鈍行で~す。ありがうございま~す」って、


お礼を言って、先を譲ってもらいました。


途中、林道でMTBのあたしを車で追い越していった方には、


「あ! 自転車のおにいさん」


って、声かけていただきました。


まあ、お兄さんって年でもないけど、


ちょっとうれしいもんですね。(*´∪)ェヘヘ


イメージ 9


途中、視界が開けてくると、まだ、残雪が残っています。


イメージ 10


途中にある神鳩避難小屋。


ここまでのルートタイム2時間のところ、1時間で登りました。


さすがに、勾配のきついところは、ザックが7㎏ぐらいあるんで、


走るまでにはいきませんが、


できるだけ、ペースを落とさずリズミカルに登ることを心がけます。


まあ、まだ序盤なんで


気力・体力、十分 (^O^)」


ここで、10分ぐらい休んで、


銚子が峰の頂をめざします。


イメージ 11


この、笹の稜線が気持ちいいんんだな~


ここも、ルートタイム1時間のところ、約30分で山頂に!


イメージ 12


いや~いい景色だね~


イメージ 13


銚子が峰からは、


この先、一の峰、二の峰、三の峰、別山と続きます。


別山まで行くと、通常は1泊2日の行程です。


さあ、どうしよう (-д-)


まだいける・・・


とりあえず、一の峰まで行ってみよう!


(その2へつづく)























スポンサーリンク