スポンサーリンク

 

冬の上高地トレッキング その2



修行のような釜トンネルを抜けると・・・


そこは、まさしく別天地!


その先に目標があるって、やっぱり大事ですね~(*^o^*)


さて、まずは大正池まで工事用の除雪された道を歩きます。


ここまでは、いつものサロモンのトレッキングシューズです。


さすがに、冬用ではないので、厚手の靴下2枚履きです。


途中、雪が盛り上がっているところがあって、雪玉がゴロゴロしている。


イメージ 2


ガイドさんは「これは、雪崩の後なんです。もう雪崩に遭ったらかなり危険な状態になります。雪崩に巻き込まれて45分を過ぎたらほぼ絶望ですね。ひとりで巻き込まれたら、春まで雪の中です」って、かなり厳しい話も・・・ 観光地のイメージの上高地ですけど、冬はまったく別の顔になるんですね。


さあ、大正池ホテルまで来たところで、


イメージ 22


ここでスノーシュー登場!


イメージ 3


ここまでは、こんな感じでリュックにくくりつけてきました。


イメージ 4


履いた感じは、思ったより、軽い感じかな。この時までは・・・


さあ、ここからは道を逸れて、大正池の歩道を行きます。


当然、夏場のように歩道があるわけでなく、雪がすべてを覆い尽くし、かえって自由に雪原や樹林帯を歩くことができます。


大正池のほとりまで来ると、


穂高連峰が目の前にど~ん!


イメージ 5


積雪の多い上高地・・・当然、あまり天候の良い日ばかりではありません。むしろ天気が良くて風のない日は珍しいほうかもしれません。


なんと、


本日は


晴天ナリ! 風もない!


大正池に写る逆さ穂高連峰


しばし、見とれてください(*^o^*)


イメージ 6


イメージ 7


ガイドさん曰く、その日のメンバーの力量と天候次第では、大正池あたりで引き返すこともあるようですが、今回一緒になった人を含めたメンバーだったら河童橋まで行けそうと言うことで、


ちょっとペースを上げて、雪原をがしがし行きます!


イメージ 21


前日に降った雪がパウダーで、本当に気持ちいいわ~~~


イメージ 8


イメージ 9



師匠もいいペース。楽しそう!


イメージ 10


でも、ガイドさんもお仕事ですから、途中途中で止まって、上高地の歴史だったり、動植物のことだったり、いろいろな話を聞かせてくれます。


イメージ 11


自分ひとりや友だち同士だと、ただ歩いて「きれいだね~」で終わってしまうけど、


やっぱり、ガイドさんがいると、歩くだけではなくて、本当に学ぶことが多い。今回のツアーは、天候も、メンバーも、ガイドさんも、本当に恵まれたなー


で、いろいろ話を聞いていたら、時間が押してしまって、


「急ぎましょう!」


てか、


ガイドさん(;´Д`)


イメージ 12


ちょっと(;゜ロ゜)


イメージ 13

速いんですけど・・・ペースが (ι゜ー゜))


イメージ 23


昼食も、本当にかき込むようにとって、ゆっくりお茶を飲む時間もなく・・・




イメージ 14


夏場は、人でごった返すこのあたりも静かなものです。


イメージ 15


ここまで、歩いた人だけが、それに天候も恵まれた運のいい人だけが、


この景色を見ることができるのですね。


イメージ 16


ああ、本当に来てよかった(*^▽^*)


イメージ 17


ただね。ここまで約9Km。


最初は軽くて、雪の上をスイスイ歩ける感じだったけど・・・


雪が付いたりして、普通に歩くよりは負荷がかかり、だんだん足にくる(ι-д-)


てか、帰りも9Km歩くのか・・・往復18Km。。。 結構きついわ(;´Д`)


河童橋では、10分ぐらいの休憩で帰路につきます。


途中・・・


帝国ホテルが・・・


イメージ 24


1泊ひとり4万ぐらいするそう・・・食事別で(;´Д`)


あたしには縁のない高級リゾートホテルでございます。


そして・・・


「あ、お猿さん!」


イメージ 18


もう、目の前に普通にいる。


人を見て逃げたり、威嚇したりはしない。もう、彼らのテリトリーなんですね。冬場は食料がないので、木の皮や冬芽なんかを食べているそうです。


てか、気がつくと猿に囲まれているし(;゜ロ゜)


イメージ 19


イメージ 20


ガイドさんの話では、上高地に40~60匹ぐらいの群れが4つぐらいあるそうです。冬場マイナス20度になるようなところで過ごすニホンザルは、世界的にも唯一だそうで、世界でもかなり関心が高いようです。


もう、帰りはほぼ無言でひたすら歩き、釜トンネルまで戻ってきて、


せっかくいい景色にいい空気を満喫したのに、また、暗闇で排ガス攻撃・・・


まあ、それを差し引いても有り余る魅力が冬の上高地にはありました。


さあ、トレッキングが終わって、温泉に入り疲れを癒やします。


今回は、師匠のクルマで来たので、運転はなし。


もちろん温泉の後は・・・


これ!

イメージ 1


師匠はノンアルビールでのどを潤していました(笑)



スポンサーリンク