スポンサーリンク

 

冬の上高地トレッキング その1


普段は夏山ばかりでね。


冬は雪のない低山ばかり。。。


一度ね。


雪山ハイクをしてみたいと思っていたのよ。


ただ、まったく経験のない自分が、ひとりで雪山に入っていくのは、ちょっと危険すぎる・・・


それに、本格的な冬山入る装備もないし・・・ 


で、


去年の秋に上高地に行った帰りに、平湯温泉の「ひらゆの森」に入って目にしたチラシ。


イメージ 1


(*○゚∀゚O) へぇ~ 「冬の上高地トレッキング」 か~~~!


ガイドさんにおにぎり弁当までついて、トレッキングのあとに温泉入浴までできるとは、


(´∀`)=з イイナ~


山の師匠に声かけたら


「いいね~」って即答で(^_^;


「行きましょう!」って感じになって (o^▽^o)


上高地は、冬の間、基本的には閉鎖されている。車両通行止めで、ホテルやお土産屋さんも冬期休業中で、夏の間に押し寄せるような観光客もいない。。。


でもね、歩いて入るのはOKなのよ。だからトレッキングツアーなんかも企画されているのね。


今回、申し込んだひらゆの森のトレッキングツアーの最小催行人数は4人。


はじめは、師匠と師匠の友だちのカメラマンさんと自分の3人まではメンバーいたんだけど、あと一人が集まらない。。。


最悪、らい麺か監督でも無理矢理連れて行こうかと考えたけど・・・


ムリだよね~~~ (´д)=з


とりあえず、3人で予約だけ入れておいたら、カメラマンさんは当日仕事が入ってキャンセルになったけど、他に2名の予約が入って、無事催行されることに (^。^;)ホッ 


2月28日。。。当日の朝。。。


天気はよさそう。


4時半に家を出て、集合場所のひらゆの森には、7時半ごろ到着。


イメージ 2


ここで、準備を整えて、他のお客さんとガイドさんと合流します。


あいさつを済ませて、本日の行程などの説明を受けます。ガイドさんは、山岳ガイドで、上高地をよく知る地元高山の方。


タクシーで、上高地の入り口、釜トンネルまで送ってもらいます。もちろん、送迎もツアー料金に含まれます。


イメージ 5


まずは、真っ暗な釜トンネルをひたすら歩く・・・ 約1.3Km。


それも、かなりの上り勾配。後で調べたら、なんとその標高差145mだとか(;゜ロ゜)


夏場なら、照明も点いているのでしょうが、冬期閉鎖中で非常灯以外は明かりなし・・・


しかし、まったくクルマが通らないかと言えば、そうではなく、冬のこの時期でも新しいトンネル工事が行われていたり、梓川の浚渫(しゅんせつ)工事があったりで、ダンプカーが結構行き来する。当然、トンネル内は排ガスが充満し、かなり空気は悪い。


(゙口゙;)あ゙‥ 結構、試練かも・・・


それでも、その先の風景を見るために・・・ひたすら暗闇を歩く。


そして、釜トンネルを抜けると


イメージ 4


そこは


 (〃゚O゚) ああ。。。


スノーパラダイス!


イメージ 3


その2に続く。

スポンサーリンク