スポンサーリンク

 

晩秋の天生湿原


もう秋も深まりつつ・・・


朝練の山から望む御岳や奥美濃の山々は雪化粧。


高いお山は冬山シーズンに入りました。


冬はスキー部になるbull様は、


少し前ですが、11月のはじめに、最後の登山部活動。


合掌造りのかやぶき屋根で有名な世界遺産白川郷から飛騨河合に抜ける国道360号線の天生峠に広がる、


天生湿原と籾糠山(1744M)に行ってまいりました。


ここは、登山というより、ブナやカツラの森と湿原を散策するような感じです。天生県立自然公園として原生林が守られ、とても気持ちのよいトレッキングが楽しめます。


イメージ 1


ただ、気をつけないといけないのが熊!


熊よけの一斗缶が備え付けてあります。


よく見ると至る所に、熊の爪痕ありました (゜_゜;)


天生湿原は、登山道や木道がよく整備されていて、紅葉の時期はたくさんの登山客や観光客で賑わいますが、


シーズンも終わりかけで、なおかつ小雨のあいにくのお天気・・・


でも、それが幸いしてか、ほとんど人はいません。


イメージ 2


手つかずのままの原生林を貸し切り状態(*^▽^*) カツラの巨木がお出迎え。。。


イメージ 3


冬は雪に覆われるこの場所では、木が這うように生えています・・・


重なり合うように木々が交差しているのは、雪の重さに耐えるように支え合っているといいます。自然には、何かしら理由があります。


イメージ 5


そして・・・


イメージ 4


苔に萌え~~~!


さらに、籾糠山の山頂では・・・


イメージ 9


ガスの切れ間に、雄大な景色を見せてくれました。

イメージ 6


振り返ると、雨というか、靄が立ちこめる山の風景は、まるでもののけ姫が出てきそう・・・


イメージ 7


雨の湿原は幻想的で・・・ しばし呆然と眺めてしまいます。


イメージ 8


峠の途中では、一時ガスも晴れて、息を飲むような紅葉がきれい。


ゆっくり、写真を撮りながら5時間ほど歩きましたが、まるで違う時空を歩いているようで、あっという間に時間が過ぎていきました。


雨の森は、それは心にしみる幻想的な世界でございます。こんな贅沢な空間を貸し切りなんて・・・ お金では買えないものがあると実感です。


 






スポンサーリンク