スポンサーリンク

 

独白・・・目下の悩み


いま勤めている会社はね。


自分が30のときに転職したんだけどね。


もともとは、自分が最初に勤めた会社の、最初の上司だった人が独立して立ち上げた会社でね。


転職した当時は、社長と経理やってる社長の奥さん、それにパートが1人という3人しかいない、


超・超・超零細企業(笑)


転職前の会社では、規模もそこそこ、仕事も順調だったし、業績もよかったから、あんまり転職する理由なんてなかったんだけど、声かけられて、ほぼ即答で「行きます!」って言っちゃったの覚えている。


何でだろ?


1つは、スタートアップから事業に関われるチャンスなんてそうないし、仕事の結果が即業績に反映されるのが魅力だった。みんなからは、「どうして、わざわざそんな小さな会社行くの?」って言われたけどね。


若さだね~


自分はやれるなんてうぬぼれていたし、まったく不安なんてなかった。基本的には「何とかなる」「何とかする」という楽天的なところあるし。ある意味ポジティブ(^_^)


大きな組織って、自分の立ち位置が見えにくいし、事業全体のごく一部のことしかやってないんだよね。自分ががんばって業績上げたからといって、会社全体の業績にはつながらないし、人間関係も複雑。。。そういう意味では、小さな組織の方が自由度が高いし、レスポンスを直に感じ取れる。自分にとって、これはチャンスなんだと感じた(思い込んだ?)。


もう1つは、東京に居たくなかった、てのがあるかな。毎日、殺人的な満員電車に乗って通勤するのはかなり苦痛だったし、休みの日だって、どこ行くのも人は多いし、車は渋滞するし・・・ 一応自分は都会育ちなんだけど、基本的に都会は自分に合ってない。


今の会社で仕事をはじめた当初は、とにかく自分の給料ぐらいは自分で稼がなきゃと、せっせとお客さんを開拓し、受けられる仕事は何でもやった。そして、自分が使えるありったけの資源を投入して企画立てて、お金はないのでコストはかけられないから、頭抱えて、いろいろ工夫して商品を世に送り出した。


苦労した。本当に苦労した。


まったく、今までの仕事の経験とか常識とか通用しないし、元の会社の環境は本当に恵まれていたんだと肌で感じた。先人たちが作り上げた実績の上で用意された仕事していたんだなって。自分が仕事できていたのは、実は、そういう環境があってからこそなんだって。


一方で、転職先では会社に人がいないから社内に気をつかうことないし、常に外を向いて仕事しているから、知らない間にスキルも人脈もついてきて、仕事に対する意識はものすごく変わった。


そして、いつしか会社もそれなりにうまく回りはじめた。はじめて売り上げが1億円を超えたときは、涙ながらに社長と抱き合って(は、いないけど)喜んだ。


たぶん、あのまま元の会社にいたら、ただのサラリーマンで終わってただろうな~


もちろん、いいことばかりではなく、途中からは会社の方針を巡って社長とかなりぶつかったり、もう辞めようと思ったことも数知れない(^_^;)


あれから20年近く経って、経営者も代わって、社員も増えてきた。


ただ、途中、辞めていった社員も多かった。人を採用して、育てていくのがこんなに難しいことなのかと、また、ここで大きな壁があった。


仕事ができない社員には、かなりキツイことも言う。基本、人に嫌われたくはない。仲良く、楽しくやれれば、そんなにラクなことはない。でも、顧客の多くは専門家だったりプロフェッショナルだし、こちらもプロとしての仕事が求められているから、そんなことは言ってられない。考えの甘い社員は、会社の評判を落とすし、気を抜けばすぐ結果として業績に表れる。不満ばかり言う社員は、会社の雰囲気を悪くするので辞めてもらった。


今いる社員は本当によくやってくれて、仕事のオファーも向こうから舞い込んでくるようになった。そして新たな人材が必要となってきた。


気がつけば、もう、5年も正社員採用していない(;゜ロ゜)


でもね。やっぱり、人材を採るというのは慎重になるね。うちの会社の仕事は、機械がやってくれるとか、そういう仕事じゃないので、人材が命。


基本的に大きな会社にしようとは思っていない。一人ひとりが会社というリソース(インフラだったり、ブランドだったり、ノウハウだったり)を活用して自ら仕事を作り、商品を生み出し、それを売って会社に利益を還元していく。業績に応じて、会社は社員に報酬を支払う。少人数の自立したプロ社員の集団が理想。マックス20人ぐらいかなと思っている。


社会環境が刻一刻と変化する現代社会において、会社を大きくするのは、リスクだと思っている。大きければ大きいほど、それだけ変化の対応に弱いし、いざというときに方向転換もしにくい。日本の大手と言われる企業の多くが苦戦しているのは、戦艦大和なんだわ。大きすぎて重たすぎるのだと思う。


ただ、小さな会社はね。人材の採用は投資でもあるから、利益を生み出す人材に育てるまでに、かなりの時間とコストがかかる。失敗すると大きな痛手となる。


そういや、今まで新卒は採用したことがない。名刺の受け渡しとか、そんなところから教育する余裕なんてないからな~ 


しかし、中途採用にしても、優秀な人材が転職するときには、すでにどっかに声をかけられているだろうから、なかなか転職市場には出てこない。まあ、もともと会社も優秀な人材は手放さないだろうし。実績ありすぎる人が転職市場でうろついてるときは、順応性に欠ける人もいるので注意が必要。


だから、実績はないけど、磨けば光る原石を見極めて採用したいんだけど・・・ どうやったら、そういう人を見分けられるのだろう? ここが難しい(-_-;)。


ブルちゃんのオイル漏れと同時に、それが目下の悩みの種でございます・・・

スポンサーリンク