スポンサーリンク

 

2014 スキー部合宿! 2日目


気がつけば、もう合宿から1週間かぁ~。早いな。


今日、朝練終わって、シャワーを浴びていたら、「なんかいつもと泡立ちが違うな~」って思ったら・・・


ボディシャンプーで頭を洗って、リンスインシャンプーで体を洗ってしまった(爆)


まいどBullです (T-T)


さて、ブログの記事を書くとき、とくに長い記事を書くときは、基本的にワープロソフト(Wordとか一太郎とか)に、一気にテキストを打ち込んで、それを何回分かに分割してブログの更新画面にコピペしてアップしているのですが、


先週は、途中までは書きかけて力尽きてしまって・・・


2回目までアップして放置プレイ (^_^;) 


どうも、お待たせいたしました。


さあ、気を取り直して合宿2日目。





謎のケイサワ監督は早々に帰っていって、


はちまる支部長と2人で美味しい朝食をいただきながら、本日のプランを考えます。


「まずはリーゼン!」


とコース図を眺めながら、期待に胸ふくらむはちまる支部長。


リーゼンとは、「リーゼンスラローム」といって中斜面主体にかっ飛べる八方の名物コース。


さらにゲレンデの最高部の「リーゼングラート」から最下部までの「名木山」まで、約1000メートルの標高差を一気に滑り降りることのできる超ロングコースも堪能できる。距離にして4~5キロぐらいでしょうか? こんな距離を一気に滑り降りることができるコースなんて、国内には指折り数えるくらいです。


「Bullさん、今日は何時まで滑ります?」


「はちまるさんが望むなら、リフト終了時刻まで付き合いますよ。そのために明日も仕事休みの日程組んだんだし」


もう、俄然張り切るはちまるさん。


イメージ 1


はちまるさんのホームゲレンデである菅平は、規模はそこそこあるのですが、高低差はあまりなく、一本が短い。はちまるさんにとって、この超~ロングコースは未体験ゾーン。


あたしゃ、いやんなるぐらい前日に滑りましたので、少々足が・・・ (;´Д`)


前日と同じ、国際ゲレンデの駐車場にクルマを止めて準備します。


まだ、元気なはちまるさん


イメージ 2


まずは、リフトを乗り継いでトップまで。本日はゴンドラ上のアルペンクワッドも、その上のグラートクワットも動いています!


いや~Big Scale! ブラボー!


イメージ 3


トップからリーゼンを流し、さらに前日はガスでまったく見えなかったオリンピックコースをガンガン滑ります・・・って


あれ?


はちまるさん、肩で息してるし。。。


どちらかと言えば、技術重視のはちまるさん。細かいターンで滑ってたら、この距離は疲れますがな~。


しかし、きれいなフォームです。


イメージ 4
(はちまるさんのブログから拝借)


おいらは、どちらかというと、距離を一気に滑りたい派。


スタンス広めで細かいことは気にしない(笑)


イメージ 5
(こちらも・・・)


そして、この日ははちまるさん、コブ斜面に挑戦!


なんと、いい感じで下って行くじゃないですか~(`-^*)ー☆


さすが、基礎ができているので、あとは慣れだけですね。


おいらは、もう前日の滑走でかなり足にきていて全然ダメ・・・ (o'□`o)


重雪で体力使うコンディション。体力消耗も激しく、昼前にはテラスで一休み。


イメージ 6


「もう十分・・・」ε=(-ω―;)フーッ


昨日のお酒も残ってて、いまいち調子の悪いはちまるさんは弱気発言。


その横でカツカレー食ってるおいら。まだ、イケそうです。


「じゃ、もうちょっと滑ってあがりましょう」


12時半ごろに、「もう上がろ」っていうはちまるさんに


「男のラス1! 最後にゴンドラ乗って終わりましょう」とおいら。


この日は、土曜日というのに、人は少なめ。ゴンドラもほとんど待ちなしで乗れます。


イメージ 7


トップからの眺め。奥に見えるのは47ですね。


イメージ 8


これは、トップから唐松岳に向かう登山道。


さて、「最後の一本は、ノンストップで一気に下までいきましょう!」って、言ってるおいらが・・・


##(>□')アイタタタァ 足つった~~~(T-T)


さすがに八方は手強い・・・ 足に限界来て、でも心地よい疲れとともに合宿終了です。


楽しい時間はすぐに過ぎていきます・・・ぜひ、来年もやりましょうね。


次シーズンのスキー部員絶賛募集中。合宿は夜の部のみ参加可。


お待ちしております<(_ _)>


イメージ 9

スポンサーリンク