スポンサーリンク

 

2014 スキー部合宿! 1日目


身体中が痛い >_<


こんなに激しい筋肉痛に襲われたのは、いつ以来でしょうか?


行ってまいりました。


第1回 スキー部合宿!in 白馬


そう、私は今、3つのクラブ活動にいそしんでいる。


1つは、カブカップに出場するための「カブ・レース部」(ラブ・デザインレーシングチーム)の一員であり、


1つは、部長および部員を兼務する(基本ひとりだけ・・・)登山部。


そして、今シーズンから活動を開始したスキー部!


スキー部上田支部長のはちまる部員と、夜の飲み会のみ参加のケイサワ名誉部員と白馬の八方尾根に1泊2日で滑ってきました。


しかし・・・


1日目は、はちまる部員の都合が急遽つかず、またもやお一人様スキー (T-T)


それでも、行きのクルマの中では、南野陽子・ベスト2000を聴きながら、「楽園のドア」を口ずさみ、


「待ってろよ~ これからスノーヘブンのドアを開けてやるぜ!」と普段とは違うビッグスケールの八方を前にテンションはあがる~8(≧▽≦)8


朝5時に家を出て、宿で手配しておいたリフト券を受け取り、9時半にはゲレンデに到着。


初日はウィークデイとあって、リフト脇の駐車場に止めることができました。


イメージ 1


そして、準備してストレッチして、10時前にはリフト乗り場に向かいます。


イメージ 2


ところが・・・


イメージ 3


ゴンドラに乗って、高度が上がっていくと・・・


ガスがかかって、何にも見えない (Y∀Y)うるうる


イメージ 4


広いスキー場で、まったく視界がないなかで、ただただ小回りで慎重に真っ直ぐなラインを滑るだけ。それじゃなくても、ひとりなのに、周りの景色も見えないなかで・・・ これがホントの五里霧中 (T-T)


まったく孤独とはこのこと。


お昼も、ひとりでゲレンデのレストハウスで食べるのも寂しいので、13時に1回クルマに戻って休憩して、携帯食でささと済ませ。


イメージ 5


「もう宿に帰って風呂でも入ろうかな?」


前日は、どうも雨が降ったようでメチャメチャ雪が重い。コンディションとしてはあまりよくないし。


それでも、お客さんは少なくて、ゴンドラも直乗りでいけます。しかし、視界不良で、その上の山頂まで行くリフトは止まっていて、山頂からの超~ロングランはお預け状態。


まあ、せっかく来たんだし、ゲレンデも空いているし。あと2~3本滑ってから帰ろうとゴンドラに乗ると・・・


動いてるう~ アルペンクワッド動いているじゃないですか~~~!


視界が晴れて、目の前においしそうなバーンが広がっています。


イメージ 6

(この写真は、リフトが動く前の一瞬の晴れ間のワンショット)


と、いうことで、きっちり16時まで滑ってしまって、本当にクタクタです。


今回、お世話になったのは、夏に白馬に登山したときにお世話になった「林ペンション」さんです。


イメージ 7


そして、18時ごろにケイサワ監督が到着して、19時には、はちまる部員も仕事を終えて軽トラで白馬入り。


美味しい夕食を囲みながら、夜は更けてまいります・・・


(つづく)


スポンサーリンク