スポンサーリンク

 

メチャメチャ寒い!バイクに乗るヤツはMだ!


いや~~


めっちゃ寒くなってきましたね~~


こんな時期にバイク乗ってるヤツなんか、


Mですよ!


ドMどすえ~~ ヾ(゚ロ゚ )オィッ


もう、スキー場も積雪OKで、全面滑走可能 (*⌒▽⌒*) スキー部始動!


と、いうことで行ってきました。。。




















ブルちゃんと・・・・


だって、2週間もエンジンかけてなかったし (;´Д`)


いやね。前にタンクとシートがめちゃ滑るって話したでしょ。


覚えてる?


まあ、知らんと言われても、話は進むんですけどね。


はじめは、ストンプグリップっていう、いぼいぼの付いたタンクパット貼ろうと思ってたんだけどね。


イメージ 1


これが結構高いのよ。7000円ぐらいする。


MOTO GPライダーがこぞって使用するという逸品なんですが。


どうも、グリップがよすぎて、パンツがぼろぼろになるって、ショップの人に言われて。


それに、強力な粘着で、剥がすときタンクの塗装も一緒に剥がれるらしい (ノД`)


レーシングな人はいいけど、いろいろ考えるとね。


じゃ、ということで、ZRXに付けていたマジカルレーシングのタンクパットを貼ることにしました。


イメージ 2


これなら、実績もあるし、ちょうどハングオフするときに、膝の内側でグリップするのよ。


1枚、1800円ぐらいで、ショップに頼めば1500円だし。


貼り付ける前に、脱脂して。


イメージ 3


こんな感じ。


イメージ 4


さらに、裏技でシートにも貼り付け。


イメージ 5


ブルターレのシートって、薄くて堅いから、少しはおしりにもやさしいかな?


これで、どうだ!


ってことで、寒いなか走ってきましたよ。


イメージ 6


とりあえず、ブレーキング時に前に滑ることはなくまりましたけど・・・


ちょうど、膝の内側に当たる分には長さが足りないので、ニーグリップが今ひとつ (´д)=з


もう一枚買ってきて、その辺にも追加がいるかな?


しかし、ブルちゃん・・・ まだ、馴染まないなぁ。


イメージ 8


とにかく低速のトルクがないので、街中の車の後ろを40~60Kmで街中流すのが苦手。


ZRXは3500回転で最大トルク出るような、バイクでしたからね。楽でした。


逆にブルちゃんは、3000回転以下はまったく使えない。



しかし、ワインディングというか、コーナーは、車体の軽さも相まって、



軽く入力してあげれば、ホントに自然にバイクにまかしてバンクしていく感じで、



楽しいわ~~!



ZRXは、エイや!って気合い入れて倒し込んでいかないと曲がらなかったし、たぶん、サスやスプリングなんかいじってたから、最適のバランス取れてなかったんだろうな~ 今更だけど (^_^;



ブルちゃんは、サスやフレームの剛性とか、トータルバランスが高い次元で融合している感じがする。



イメージ 7


サーキットで走らせたら、絶対楽しい! 



と思う。



逆に、自分自身が、まだまだこいつに体が馴染んでないので、うまく走らすことができない (T-T) 外車はじめてだし、インジェクションも未体験だし。。。 排気ディバイスのガチャガチャいうのも、最初はエンジンが壊れたかと思った(笑)


春になって、もうちょっと暖かくなったら、鈴鹿ツインで走らせてみよ。


だって、タイヤの皮むきすらできてないし。


アマリングたっぷりですわ _| ̄|○



スポンサーリンク