スポンサーリンク

 

こころの内なる葛藤の先に・・・


なんだか、今週は…


これまでにない、怒濤の更新


楽しんでいただけてますでしょうか?


さあ、ブルちゃんとの出会いから… の続きです。











5万キロ走った、おいらのZRX1200Rの買い取り価格…


自分の出した金額は、例えばヤフオクだったら、このぐらいで売りたいな、っていう金額。


つまりブルちゃんの、おおよそ込み込みの値段が90万と仮定し、


「追い金は○○万円だ!」と提示するBull様


その言葉と同時に「・・・・」


と固まって黙り込む店長。


「とにかく、本部に電話して交渉してきて!」


と、強気のBullさま


でも、ちょっと無理言い過ぎたかなぁ~ 大手買取業者だと、たぶんこの半分以下だろうなぁ。


そして、追い金の金額は、何とかなるであろうMAXの金額を想定。。。それ以上は無りっぽ。。。


しかし、考えてみれば、Z雄も今が最後の売り時かな。


距離的にも、もう、これ以上乗ったら(すでにかなりの距離だけど)、二束三文は間違いなし。まだ、ZRXの人気のあるうちに売らないと、そろそろ中古市場もダエグに代替わりしそうだし。


それに、丈夫なエンジンだけど、近々エンジンもOHしないといけないな、って時期にきている。。。


今後、消費税も上がれば、その分、バイクの値段も上がってくる。修理やメンテだって消費税は影響するし… だから今のうちに年式の新しいバイクに乗り換えておきたいという思いがあったのは事実。


もちろん、ZRXに愛着はある。

ものすごくある。

いろんな思い出もあるし・・・

あのフォルムを眺めているだけで焼酎1本空けられる。


イメージ 1


でも、空冷Zのようなプレミアが付くわけでもないという現実と、正直、最新のバイクの加速とコーナーリングにふれてみたいという欲求。それが、MVアグスタならば…


こころの中で葛藤が渦巻く…(●′Д`゚)゚


そんな思いを巡らしていると


店長がやってきて、


「結論を先に言いますと…」


「言いますと?」


「Bull様のご提示の金額でやります! ざーまーす!」


「さすが~~~! 店長!」


「もちろんタイヤは新品だよね。α13でいいや。こんな今ついているカチカチのタイヤじゃ、危なくて走れないし。あ、チェーンもさびてるから、新品でね。安いのじゃダメだよ。EKのゴールドとブラックのヤツね。それから…」


「まだ、ある、ざーまーす…」(;゜ロ゜)


「バッテリーは国産の新品で、ETCも付けてね。今のヤツ、自主運用だからさ~。最近のコンピュータ満載のバイクって、変なところで電源取るとエラー出そうだし。あ、さっき、オイルやフィルターの交換したばかりじゃない。その分、カバーもサービスしてね。もちろん納車整備でブレーキとクラッチのフルード新品だよね。オイルも… あとハイオクガス満もヨロピクネ!」


「鬼か~~・・・・」(店長こころの叫び)


まあ、そのあと、諸経費やなんやら、ごにょごにょやり取りがあって、タイヤはα12にグレードダウンして、プラス2万円という条件で折り合うが…。


「もう、Bullさま、決めていただきますよね」

(ちょっと怒り気味)


「いや、ダメ!」


「うぉぉぉ~~~」(店長こころの叫びPart2)


「もう一つ、超えなければならない壁があるから… また、電話するわ。ブルちゃん、他の客に見えないように、奥にしまっておいてね」


(続く…のか?)

スポンサーリンク