スポンサーリンク

 

ブルターレの衝撃的な出会いに正気を失う俺・・・


もしかして、これって、あれ?


ブルちゃん?






前回、ここで終わっておりましたが、実は… ここで終わるわけがございません。


この続きがあります。


早速、モデルや状態を確認すると…




2011年モデル 走行距離8400Km 車検26年7月


え、(;゜ロ゜) あのブルターレが目の前に

しかも、もしかして極上じゃないの。。。


もともと、MVアグスタは、イタリアのメーカーで、高級バイクとして知られている。


「バイク界の至宝」


「バイク界のフェラーリ


とも比喩され、高級なパーツをふんだんに奢り、妥協のないバイクを作るメーカーである。お値段も300万円を超えるモデルさえあり、200万円ぐらいするのが普通…


と、このあたりは知識としては知っている。もちろん、ホンダやヤマハがGPに登場する前にタイトルを欲しいままにした伝説のメーカーということも…


しかし、あまりMVアグスタの車種に詳しいわけではないので、速攻「スマホでチェック!」してみると。。。


そのMVアグスタが、多くの人にアグスタのバイクに乗って欲しいとの願いから、2011年、MVアグスタとしては破格の139万円で売り出したモデルがブルターレ920と言うことらしい…


イメージ 2


まあ、それでも十分によいお値段ですが…(^_^;


しかし、単なる廉価版ではないところが、アグスタのすごいところ…


エンジンや足回り、コンピュータ制御などは、上級モデルと一緒。そのスペックは、前々回の記事を参照して欲しい。


そして、専用にマッピングされチューンされた920の評価は上級モデルに劣らず、すこぶるよい…とのことだ。


「店長~~~!」


「どうされました、Bullさま~」


「これって、アグスタだよね。ブルターレだよね!」


「あら~ もう、お気づきになられましたか。さすがBullさま、お目が高い!3日前に入ってきたばかり、ざーまーす」


(実際の店長はこんなキャラじゃないけど… 記事をおもしろくするために犠牲になってもらうわ)


「それも、4気筒の方じゃない。それがこのお値段?」



イメージ 1


(ちなみに、中古車少ないのか、この車種、検索してもあまりヒットしない。おおよその相場は100万越えと思われる)


「ハイ! この車両は中古車フェスタということで、特別お安く提供しております、で、ざーまーす」


「なんかあるの? ブルちゃんがこんな値段なんて」


「車両には、もちろん何の問題もございません、ざーまーす! まあ、内緒ですけどね。ぶっちゃけ、赤字覚悟の客寄せ用なんです… ホントですよ」


と、こうして全世界にブログで発信するBullさま(笑)


「ちょいっと、前に出してくれへん? 跨がってみたいんやけど」


「ハイハイ、どうぞ、どうぞ!」


イメージ 3


いやね。


前に、KTMの990スーパーデュークに跨がったときにね…


あまりにシートが高すぎて足が届かず撃沈… ということがあったので、


ヨーロッパ車にはトラウマが ...ρ(。。、


しかし、ブルちゃんに跨がってみると、


しなやかに、マルゾッキのFフォークと、ザックスのリヤショックが「すーっ」と沈み込み


両足が着いて(つま先だけど…)


比較的タンクが短く、自然に手を伸ばしたところにハンドルがあり


適度に後退したステップの位置も絶妙ではないか。。。


ただ、シートはものすごく堅い。これは長時間はケツ痛くなりそう (>_<)


しかし、全体を眺めると。。。 方持ちスイングアームに星形ホイールとトラス状のフレーム。国産にはない洗練されたデザイン。


イメージ 4


シートの堅さなんてどうでもよくなるような…


「美し~~~い」さがある。


マフラーにちょっとへこみと、テールカウルにこすったような傷があるぐらいで、外観はほとんど問題なし。


「これ、エンジンかかるの?」


バッテリーがダメみたいだけど、何とかジャンプさせて


「キュユユユ~ クウォ~~~ン」としびれる音とともに、タコメータの針がものすごい速さで跳ねていく…


凄…(゜Д゜)


速攻で…


「店長~~~! これ、総額でいくらになるの~~~!」


「いま、オイルとオイルフィルター交換して、さらに、リアブレーキのフルードまで交換したおいらのZRXいくらで取ってくれるの~~~!」


「追い金、お幾らぐらいだったら、ご購入いただけます、ざーまーす?」


頭の中で、数字がぐるぐる回る…


ここは、あまり無茶な値段を言ってはいけない。が、不可能ではないギリギリのところを突かなければならない。。。


一体、おいらのZ雄はいくらなんだ…


 
(たぶん続く)
 
 

スポンサーリンク